文字入りのミサンガの作り方を超わかりやすく解説

MISAMISA管理人です。

長文ですが、文字入りのミサンガの作り方を知りたい人は、最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

文字のミサンガ

文字の作り方がわからないよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

今までにこんな感じの質問を多数いただいておりまして…

どうしたら、もっとみんなにわかりやすく伝えられるか、超~考えたんです。(←わりと真面目に

で、その結果…

もうこれ以上わかりやすく説明できないって領域まで、きちゃいました~ヽ【・ω・】ノ

なので、このページを読んでも文字が作れないって人には、わたしはお手上げです…

わからなかった人は「ミサンガ 文字 作り方」で検索して、他サイトをご覧ください。(←丸投げwww

そんなわけで、

1つ1つ、じっくり、じっくり見ていきましょう(・ω-´☆)

【必読】はじめに…

文字を作るには大抵、背景に縦巻き結び文字に横巻き結びを使うんですよね。 (※逆もできますが、このほうが文字がはっきりするので「背景⇒縦巻き、文字⇒横巻き」が一般的です)

なのでこの2つの結び方がわかっていれば、どんな文字でも図案を見ればサクサク作れちゃいます。

でもでも、

縦巻き結びと横巻き結びって考え方をしちゃうと、初めての人は特に、なにがなんだかわからなくなります。

わたしも最初はかな~り苦戦しました(。ŏ_ŏ。)

で、考え方を変えてみた

そしてたどり着いた結論が、「縦巻き結びとか、横巻き結びとか、考えないこと」でした。

じゃ~どうするのかってことをですが…

文字を作る場合、

  • 奇数列は
  • 偶数列は

の方向に結んでいくんです。

で、

奇数列、偶数列それぞれ、背景文字の結び方があります。

そうすると、奇数列で2つ偶数列で2つ、全部で4つの結び方になりますよね?

ようは、この4つの結び方ができれば、全種類の文字が作れちゃうわけなんです。マジです。

では実際に結び方を説明していきますね(・ω-´☆)

【注意】「背景⇒黄色」「文字⇒赤」の場合を例に挙げて説明しますので、自分でやるときはそれぞれの色を置き換えてくださいね。

【奇数列】に結んでいくとき

まずは左から右に結んでいく、奇数列の背景と文字の結び方からです。

①奇数列の背景の結び方()

【1】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に重ねます。

奇数列の背景の結び方手順1奇数列の背景の結び方手順2

【2】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に「逆4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

奇数列の背景の結び方手順3奇数列の背景の結び方手順4奇数列の背景の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

奇数列の背景の結び方手順6奇数列の背景の結び方手順7

②奇数列の文字の結び方()

【1】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に重ねます。

奇数列の文字の結び方手順1奇数列の文字の結び方手順2

【2】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に「4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

奇数列の文字の結び方手順3奇数列の文字の結び方手順4奇数列の文字の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

奇数列の文字の結び方手順6奇数列の文字の結び方手順7

【偶数列】に結んでいくとき

つぎは右から左に結んでいく、偶数列の背景と文字の結び方です。

③偶数列の背景の結び方()

【1】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に重ねます。

偶数列の背景の結び方手順1偶数列の背景の結び方手順2

【2】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に「4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

偶数列の背景の結び方手順3偶数列の背景の結び方手順4偶数列の背景の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

偶数列の背景の結び方手順6偶数列の背景の結び方手順7

④偶数列の文字の結び方()

【1】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に重ねます。

偶数列の文字の結び方手順1偶数列の文字の結び方手順2

【2】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に「逆4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

偶数列の文字の結び方手順3偶数列の文字の結び方手順4偶数列の文字の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

偶数列の文字の結び方手順6偶数列の文字の結び方手順7

これまで紹介した4種類の結び方を、それぞれの図案と照らし合わせながら文字を作ります。

スポンサーリンク

実際に文字を作ってみよう

1文字分の材料の目安【各文字共通】

背景用:1本×50cm 文字用:9本×30cm 合計10本

1本だけ長い糸が必要になります。この糸が背景の色になり、あと9本が文字の色になります。

尚、これは1文字分の材料目安なので、例えば5文字作りたい場合は、5倍の材料を用意してくださいね。

★5文字分の材料例 背景用:1本×250cm 文字用:9本×150cm 合計10本

※糸の長さはあくまでも「目安」です。糸が足りなくなる場合も普通にあり得るので、初めての方は目安よりも長めに用意しておくことをおすすめします。

糸の並べ方【各文字共通】

下の画像のように、背景の糸が一番左になるように並べます。

IMG_214111

「A」で練習してみよう

ここではアルファベットの「A」を例に挙げて、実際に作ってみます。

図案

文字は基本的に、図案を見ながら作っていきますので、下にあるAの図案を見ながらやってみましょう!

Aの図案

Aの図案を見ると、全部で「8列」ありますよね?

ここで思い出してください…

  • 奇数列は
  • 偶数列は

の方向に結んでいきますよね?

これを「A」に当てはめると…

  • 1,3,5,7列は
  • 2,4,6,8列は

ということになりますね。

こんな感じのイメージ↓

a

ここまでは大丈夫ですか?

次に進みます。

結び方は4種類ありましたよね?

①奇数列の背景の結び方 ②奇数列の文字の結び方 ③偶数列の背景の結び方 ④偶数列の文字の結び方

この4種類の結び方を、図案に当てはめていけばOKです。

それぞれの番号を、図案に当てはめてみましたよ。

こんな感じのイメージ↓

a

結んでいく流れをやってみます

まず最初に結ぶのは、左の2本です。

IMG_2141

1列目は、背景の色を表に出したいので、「①奇数列の背景」の結び方で全部結んでいきます。

こんな感じですね↓

IMG_2117IMG_2118IMG_2119IMG_2120IMG_2121

結び終わると、背景の糸(黄)が右に移動しましたね。

そうしたら、また同じように、となりの糸と結んでいきます。

IMG_2121

これを繰り返していくと、下の画像のようにできていきます。

IMG_2122

2列目は、右の2本からスタートです。

IMG_2122

2列目からは文字部分も入ってきます。 結び方は「③偶数列の背景」「④偶数列の文字」ですね。

こんな感じの要領でどんどん結んでいきましょう!

そして最終的に… じゃじゃ~ん‼

図案通り「A」が作れます(・ω-´☆)

IMG_2136

実は、もっと要領の良い方法が…

実は、4種類の結び方を、もっと要領よく考えることもできるんです。

でも「だったら最初からこの説明をしろ」って言われそうですが、わからない人が多かったんですよ。それで効率よりも、わかりやすさ重視の「4種類の結び方」で説明しました。

なので、

この説明でわかる人なら、これで覚えていたほうが、無駄な思考をしなくてすみますw

では説明しますね。

①表に出したい色と反対の色を、上に重ねる
②出したい色を、一周させて引き締める
③もう一度、一周させて引き締める

たったこれだけのことですw

この説明が半信半疑の人は、ぜひ「A」作ってみてください。

あら不思議‼ってな…(ry

おわりに

文字の作り方はわかりましたか?

「意味わからん」って人は…

  • この記事を声に出して読む
  • 実際に4種類の結び方を画像と同じようにやってみる

ということをやってみてください。

またここでは、Aを例に挙げましたが、他のアルファベットはもちろん、平仮名やカタカナ、数字、マークなども、全部同じ要領で作ることができます。

各図案へのリンクを下に貼っておきますのでよろしければご覧ください↓

【ミサンガ】大文字のアルファベットの図案まとめ
...
【ミサンガ】小文字のアルファベットの図案まとめ
...
【ミサンガ】ひらがなの図案まとめ
...
【ミサンガ】カタカナの図案まとめ
...
【ミサンガ】数字の図案まとめ
...
【ミサンガ】記号やマークの図案まとめ|∞,松マーク,ト音記号なども有り
...

文字の色を途中で変えたい場合もあるかと思います。下のページでやり方を紹介していますのでご覧ください↓

文字の色を変える方法!名前入りミサンガを作るときにおすすめ
...

以上、文字入りのミサンガの作り方を❝超❞わかりやすく解説でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、わからないことや聞きたいことがあったら気軽にコメントくださいね♪

コメント 感想などありましたらこちらに書いていただけると嬉しいです(>ω

  1. ミサンガ大好き より:

    文字の色の組み合わせ方を教えてください!

    • 管理者 より:

      ミサンガ大好きさん

      色の組み合わせと言われましても…好きな色で作っていただければOKですよ!

      ただ意味なども考えたいのであれば、「色の意味」などの記事もご覧いただければと思います^^

  2. みーちゃん より:

    何度もごめんなさい
    1文字分の出来上がりは大体何センチぐらいになりますか??

    • 管理者 より:

      みーちゃんさん

      1文字分の長さですか~そうですね、文字にもよりますが、2~3センチくらいですかね^^

  3. みーちゃん より:

    こんにちは!!
    この大文字の柄を作る時は背景の色と文字の色の糸の長さはどれぐらい必要になりますか?????

    ごめんなさい上に書いてあるの見逃してました質問無視していただいて大丈夫です

  4. りん より:

    初めまして
    名前入りのミサンガ初めて作るので既に脳内パンクしています汗
    背景と文字の糸を合わせて10本しようだと思うのですが、7文字作る場合、背景は350cmで文字は210cmであることは分かったのですがそこから10本にするのは難しくないですか?
    1文字作るのに、1本あたりが30cmだとすると文字は7本だけになるかと…どのようにしたら9本になるのか教えていた抱きたいです。
    初めて過ぎて全くわからないので教えて欲しいです…

    • 管理者 より:

      りんさん

      う~ん、勘違いされているようですね…><

      こういうことですよ?

      背景用:1本×50cm 文字用:9本×30cm 合計10本

      1本だけ長い糸が必要になります。この糸が背景の色になり、あと9本が文字の色になります。

      尚、これは1文字分の材料目安なので、例えば5文字作りたい場合は、5倍の材料を用意してくださいね。

      ★5文字分の材料例 背景用:1本×250cm 文字用:9本×150cm 合計10本

      つまり「7文字分」であれば、350cmを1本、 210cmを9本、合計10本用意するってことですね。