文字入りのミサンガの作り方を超わかりやすく解説

MISAMISA管理人です。

長文ですが、文字入りのミサンガの作り方を知りたい人は、最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

文字のミサンガ

文字の作り方がわからないよ~ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿

今までにこんな感じの質問を多数いただいておりまして…

どうしたら、もっとみんなにわかりやすく伝えられるか、超~考えたんです。(←わりと真面目に

で、その結果…

もうこれ以上わかりやすく説明できないって領域まで、きちゃいました~ヽ【・ω・】ノ

なので、このページを読んでも文字が作れないって人には、わたしはお手上げです…

わからなかった人は「ミサンガ 文字 作り方」で検索して、他サイトをご覧ください。(←丸投げwww

そんなわけで、

1つ1つ、じっくり、じっくり見ていきましょう(・ω-´☆)

【必読】はじめに…

文字を作るには大抵、背景に縦巻き結び文字に横巻き結びを使うんですよね。 (※逆もできますが、このほうが文字がはっきりするので「背景⇒縦巻き、文字⇒横巻き」が一般的です)

なのでこの2つの結び方がわかっていれば、どんな文字でも図案を見ればサクサク作れちゃいます。

でもでも、

縦巻き結びと横巻き結びって考え方をしちゃうと、初めての人は特に、なにがなんだかわからなくなります。

わたしも最初はかな~り苦戦しました(。ŏ_ŏ。)

で、考え方を変えてみた

そしてたどり着いた結論が、「縦巻き結びとか、横巻き結びとか、考えないこと」でした。

じゃ~どうするのかってことをですが…

文字を作る場合、

  • 奇数列は
  • 偶数列は

の方向に結んでいくんです。

で、

奇数列、偶数列それぞれ、背景文字の結び方があります。

そうすると、奇数列で2つ偶数列で2つ、全部で4つの結び方になりますよね?

ようは、この4つの結び方ができれば、全種類の文字が作れちゃうわけなんです。マジです。

では実際に結び方を説明していきますね(・ω-´☆)

【注意】「背景⇒黄色」「文字⇒赤」の場合を例に挙げて説明しますので、自分でやるときはそれぞれの色を置き換えてくださいね。

【奇数列】に結んでいくとき

まずは左から右に結んでいく、奇数列の背景と文字の結び方からです。

①奇数列の背景の結び方()

【1】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に重ねます。

奇数列の背景の結び方手順1奇数列の背景の結び方手順2

【2】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に「逆4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

奇数列の背景の結び方手順3奇数列の背景の結び方手順4奇数列の背景の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

奇数列の背景の結び方手順6奇数列の背景の結び方手順7

②奇数列の文字の結び方()

【1】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に重ねます。

奇数列の文字の結び方手順1奇数列の文字の結び方手順2

【2】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に「4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

奇数列の文字の結び方手順3奇数列の文字の結び方手順4奇数列の文字の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

奇数列の文字の結び方手順6奇数列の文字の結び方手順7

【偶数列】に結んでいくとき

つぎは右から左に結んでいく、偶数列の背景と文字の結び方です。

③偶数列の背景の結び方()

【1】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に重ねます。

偶数列の背景の結び方手順1偶数列の背景の結び方手順2

【2】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に「4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

偶数列の背景の結び方手順3偶数列の背景の結び方手順4偶数列の背景の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

偶数列の背景の結び方手順6偶数列の背景の結び方手順7

④偶数列の文字の結び方()

【1】背景(黄)の糸を、文字(赤)の糸の上に重ねます。

偶数列の文字の結び方手順1偶数列の文字の結び方手順2

【2】文字(赤)の糸を、背景(黄)の糸の上に「逆4」の字になるように重ね、ぐるっと一周させて引き締めます。

偶数列の文字の結び方手順3偶数列の文字の結び方手順4偶数列の文字の結び方手順5

【3】同じように、もう一周させて、引き締めればできあがりです。

偶数列の文字の結び方手順6偶数列の文字の結び方手順7

これまで紹介した4種類の結び方を、それぞれの図案と照らし合わせながら文字を作ります。

スポンサーリンク

実際に文字を作ってみよう

1文字分の材料の目安【各文字共通】

背景用:1本×50cm 文字用:9本×30cm 合計10本

1本だけ長い糸が必要になります。この糸が背景の色になり、あと9本が文字の色になります。

尚、これは1文字分の材料目安なので、例えば5文字作りたい場合は、5倍の材料を用意してくださいね。

★5文字分の材料例 背景用:1本×250cm 文字用:9本×150cm 合計10本

※糸の長さはあくまでも「目安」です。糸が足りなくなる場合も普通にあり得るので、初めての方は目安よりも長めに用意しておくことをおすすめします。

糸の並べ方【各文字共通】

下の画像のように、背景の糸が一番左になるように並べます。

IMG_214111

「A」で練習してみよう

ここではアルファベットの「A」を例に挙げて、実際に作ってみます。

図案

文字は基本的に、図案を見ながら作っていきますので、下にあるAの図案を見ながらやってみましょう!

Aの図案

Aの図案を見ると、全部で「8列」ありますよね?

ここで思い出してください…

  • 奇数列は
  • 偶数列は

の方向に結んでいきますよね?

これを「A」に当てはめると…

  • 1,3,5,7列は
  • 2,4,6,8列は

ということになりますね。

こんな感じのイメージ↓

a

ここまでは大丈夫ですか?

次に進みます。

結び方は4種類ありましたよね?

①奇数列の背景の結び方 ②奇数列の文字の結び方 ③偶数列の背景の結び方 ④偶数列の文字の結び方

この4種類の結び方を、図案に当てはめていけばOKです。

それぞれの番号を、図案に当てはめてみましたよ。

こんな感じのイメージ↓

a

結んでいく流れをやってみます

まず最初に結ぶのは、左の2本です。

IMG_2141

1列目は、背景の色を表に出したいので、「①奇数列の背景」の結び方で全部結んでいきます。

こんな感じですね↓

IMG_2117IMG_2118IMG_2119IMG_2120IMG_2121

結び終わると、背景の糸(黄)が右に移動しましたね。

そうしたら、また同じように、となりの糸と結んでいきます。

IMG_2121

これを繰り返していくと、下の画像のようにできていきます。

IMG_2122

2列目は、右の2本からスタートです。

IMG_2122

2列目からは文字部分も入ってきます。 結び方は「③偶数列の背景」「④偶数列の文字」ですね。

こんな感じの要領でどんどん結んでいきましょう!

そして最終的に… じゃじゃ~ん‼

図案通り「A」が作れます(・ω-´☆)

IMG_2136

実は、もっと要領の良い方法が…

実は、4種類の結び方を、もっと要領よく考えることもできるんです。

でも「だったら最初からこの説明をしろ」って言われそうですが、わからない人が多かったんですよ。それで効率よりも、わかりやすさ重視の「4種類の結び方」で説明しました。

なので、

この説明でわかる人なら、これで覚えていたほうが、無駄な思考をしなくてすみますw

では説明しますね。

①表に出したい色と反対の色を、上に重ねる
②出したい色を、一周させて引き締める
③もう一度、一周させて引き締める

たったこれだけのことですw

この説明が半信半疑の人は、ぜひ「A」作ってみてください。

あら不思議‼ってな…(ry

おわりに

文字の作り方はわかりましたか?

「意味わからん」って人は…

  • この記事を声に出して読む
  • 実際に4種類の結び方を画像と同じようにやってみる

ということをやってみてください。

またここでは、Aを例に挙げましたが、他のアルファベットはもちろん、平仮名やカタカナ、数字、マークなども、全部同じ要領で作ることができます。

各図案へのリンクを下に貼っておきますのでよろしければご覧ください↓

【ミサンガ】大文字のアルファベットの図案まとめ
...
【ミサンガ】小文字のアルファベットの図案まとめ
...
【ミサンガ】ひらがなの図案まとめ
...
【ミサンガ】カタカナの図案まとめ
...
【ミサンガ】数字の図案まとめ
...
【ミサンガ】記号やマークの図案まとめ|∞,松マーク,ト音記号なども有り
...

文字の色を途中で変えたい場合もあるかと思います。下のページでやり方を紹介していますのでご覧ください↓

文字の色を変える方法!名前入りミサンガを作るときにおすすめ
...

以上、文字入りのミサンガの作り方を❝超❞わかりやすく解説でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、わからないことや聞きたいことがあったら気軽にコメントくださいね♪

コメント一覧 ※現在はコメント停止中です

  1. おしな より:

    こんばんは☆文字入りのを作りたいのですが、いきなり文字を作ってしまって大丈夫でしょうか??結ぶ三つ編み部分?などはどうしたらよいでしょうか??(^^;)

    • 管理者 より:

      おしなさん

      う~ん、おそらく最初から文字系はきびしいと思いますね><

      三つ編み部分からわからないとなると、まずは「斜め」のミサンガから作ることを強くお勧めいたします。

  2. yumeka@GRCReW より:

    文字の色が足りなくなってしまいました(;´Д`)
    どうすればいいですか?

    • 管理者 より:

      yumeka@GRCReWさん

      糸が足りなくなってしまったんですね…><

      う~ん、一応、新しい糸を、足りなくなった糸の先端に、こま結びなどで結び付ければOKですよ。

      ただ、結び目が裏に来るようにしないと見栄えが悪くなるのでそこだけ気をつけてくださいね。

  3. 天藍 より:

    とても分かりやすいです!
    こういう風に詳しく説明をしているものを探していました
    あの

    アルファベットとかって絶対に10本じゃないと作れませんか?
    長文失礼しました

    • 管理者 より:

      天藍さん

      ありがとうございます♪
      ただですね、この図案は10本じゃないと作れないんです…( ;∀;)

  4. kei より:

    背景の糸が足りないです糸を足す方法を教えてください!

    • 管理者 より:

      keiさん

      う~ん……糸が足りなくなってしまったら、新しく糸を結んで付け足すしかありませんね><

      糸を足す方法は、単純に新しい糸を、足りなくなった糸の先端に結び付ければOKです!

      ただ、結び目が裏に来るようにしないと、見栄えが悪くなるのでそこだけ気をつけてくださいね。

  5. あやあや より:

    とてもわかりやすくて助かります。
    文字を織り始める前と織り終わった後の三つ編みの部分は、文字と背景の部分と同じ10本の糸で作るのですか?

    • 管理者 より:

      あやあやさん

      そうですね、三つ編み部分は同じ10本で編みます^^

      ただ3で割り切れませんので「3・3・4」などと分けて三つ編みしていってください。

    • あやあや より:

      ありがとうございます^_^
      三つ編みの分の追加の糸は必要なし大丈夫ですか?
      その場合、何センチ程度三つ編みしたらいいでしょうか。
      なんどもすみません(T_T)

    • 管理者 より:

      あやあやさん

      三つ編み部分も含めてありますので、追加はなしで大丈夫ですよ♪
      三つ編みの長さは決まってはいませんが、7cmくらいあると結びやすいと思います^^

  6. L.F より:

    こんばんは いつもミサンガの参考にしてます^ – ^ 今までハート模様や斜め模様、迷彩などいろいろ作っていますがどうしても一つ作るのに結構時間がかかっちゃいまして,,,泣
    糸が長い時はまとめていても、糸同士が引っかかってしまって,,,どうしたら良いのでしょか? 長文失礼します

    • 管理者 より:

      L.Fさん

      たしかに、糸が長いとからまりやすくなりますよね><

      私の場合は、小さく切った厚紙に、余分な糸をグルグル巻きにしてますね。

      余分な糸を結んでいたときもあったんですが、いざ使うときに、からまってしまうこともあり厚紙に落ち着きました。

      参考になれば幸いです^^

    • L.F より:

      コメントありがとうございます
      厚紙ですね! 分かりました。これからはそうしてみます^ – ^
      今、部活の友達に作っているので助かりました
      これからもサイトを見させていただきます^ ^

  7. みりり より:

    上と下に違う色でラインを入れたい場合は、
    背景の色の糸を2本違う色に変えればいいだけでしょうか??

    • 管理者 より:

      みりりさん

      そもそも背景の糸は「1本」しか使えませんので、どこか勘違いされていると思います><

      このページの例でいくなら、黄色以外、全部赤ですよね?

      上下にラインを入れるなら、赤の最初と最後の一本ずつを違う色に変えるイメージです。

      ただそうなると応用になりますので、ここで紹介する手順では作れません…

      ひとまず普通に文字を作れるようになってから、アレンジを作ってみることをおすすめします^^

  8. はるか より:

    文字を織り始める前のねじねじ?みたいにやられてる部分をどうやってしているのか教えていただきたいです!

    • 管理者 より:

      はるかさん

      文字の前の部分は、三つ編みですね。
      ここら辺については「斜め」とかのページを見ていただくとイメージが掴みやすいと思いますよ^^

  9. シャチ より:

    ミサンガの糸が多いので、10本以下に出来ないですか?

    • 管理者 より:

      シャチさん

      う~ん、もっと少ない本数でも、できないことはありませんが…
      当サイトで紹介している文字は10本必要なんですよね。
      申し訳ありませんm(__)m

  10. あーちゃん より:

    文字の色を1色で背景の色を3色というミサンガを作りたいのですが、、、糸をどんな感じにすればいいのかわかんなくて。
    どーすればいいのでしょうか

    • 管理者 より:

      あーちゃんさん

      ここで紹介しているやり方では、背景は1色しかできませんね。すみません…

  11. とろろ より:

    アルファベットの間に「・」か、「 . 」を入れたいのですが、どうすればいいですか?

    • 管理者 より:

      とろろさん

      あ~現在はその図案はないですね、すみません…><

  12. ミルク より:

    背景用の糸が非常に短くなってしまって、残りが出来そうもなくてやめたんですが、なぜそうなったんでしょうか?あと、文字を作る時の結び方のコツとかあれば教えていただきたいです!

    • 管理者 より:

      ミルクさん

      そうですね、おそらく引き締める力が弱かったのだと思います。

      なので、次に作るときは結ぶ力加減に気をつけてやってみてください^^

    • くまお より:

      自分もちゃんとぎゅって結んでも背景が足りなくなっちゃいました

  13. りり より:

    13-15文字編んでキーホルダーのようにしたいです。ミサンガは何mくらい必要にりそうでしょうか

    • 管理者 より:

      りりさん

      一文字分の目安が以下になるので、これを作りたい文字分倍にしてみてください。

      背景用:1本×50cm 文字用:9本×30cm 合計10本

      ただ、この目安はかなり余る設定にしてあります。

      なのでひとまず文字を作ってみて、自分が文字を作るのにどのくらいの長さが必要なのか、チェックしてみることをおすすめします^^

  14. 毎日 より:

    とても分かりやすいです!やってみようという気になりましたありがとうございます

    質問なのですが、文字のミサンガで、端っこを長さ調節できるようにするにはどうすればいいのでしょうか?
    文字部分を4本にすると折り返した時8本になって足りなくなるけど5本にすると余ってしまうし、背景部分も1本でやると折り返した時2本になってしまって余ってしまいます

    • 管理者 より:

      毎日さん

      おっしゃるように、片方輪っかのタイプを作ろうとすると、背景部分が2本になるので無理ですね><

  15. まいまい より:

    とても分かりやすくて、今制作真っ最中です(*`・ω・)ゞ
    質問です、
    例えば赤と青で作っていて
    青を表にしたとき、糸と糸との間からちょっとだけ赤が見えている場合
    どうやったら目立たないようになりますか?f(^ー^;

    • 管理者 より:

      まいまいさん

      そうですね~

      すき間ができていたら、指先で押し上げるようにして作っていくといいと思います^^

      (的外れな回答でしたら申し訳ないです)

    • まいまい より:

      なるほど!糸引っ張るだけだったのでそうしてみます!ありがとうございます!