ミンサー柄ミサンガの作り方

MISAMISA管理人です。

このページでは、ミンサー柄ミサンガの作り方を紹介します。

ミサンガを付けた手首

できあがりは、五つと四つの絣(かすり)の組み合わせが連続する、沖縄の伝統的な織物「ミンサー織り」の柄になります。

ミンサー織りは、「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く…」という想いが込められて女性から男性に贈られる品だそうです。男性へのプレゼントにオススメですので、ぜひ作ってみてくださいね(*・ω・)ノ

必要な糸の本数と長さ

  • 背景 ⇒ 90㎝×8本
  • 絣 ⇒ 200㎝×1本

糸の長さは、女性が手首につけることを想定しています。

男性がつける場合、また、足首など太い部分につける場合は、必要に応じて糸を長く用意しておきましょう。

↓↓大量&激安 刺繍糸ありますよ↓↓

仕上がり寸法の目安

  • 全体 ⇒ 約25㎝
  • 模様 ⇒ 12㎝
  • 端 ⇒ 各6㎝

必ずしも上記の寸法に合わせることはありませんが、あまりミサンガを作ったことがない人は、目安にしていただくとちょうど良い感じにできると思います。

製作時間の目安

  • 初めて ⇒ 3~4時間くらい
  • 慣れれば ⇒ 2時間くらい

ミサンガ初心者さんが初めてこれを作ろうと思ったら、3~4時間くらいかかるかもしれません。

ただ、何個も作って慣れてくれば2時間ほどで出来るようになります。(わたしがこのくらいなので)

ミンサー柄ミサンガの作り方

CHECK‼

今回作るミサンガはこれです。

1つ1つ手順を確認しながら作っていけば必ず完成しますので、根気よくがんばりましょう(>ω<)ノ

ミンサー柄ミサンガ
作り方手順の画像は見やすいようにヒモを使っていますが、実際に作るときは刺繍糸を使ってくださいね。ただ、練習でヒモを使うのはおすすめですよ。

STEP.1

糸を束ねて、端から10cmくらいのところでひと結びします。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順1

STEP.2

画像のように糸を並べます。

一番長い糸は、厚紙などに巻き付けてまとめておくと絡まりにくく、扱いやすくなりますよ。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順2

CHECK‼

最初に、(A)と(B)の2本を「横巻き結び」で編んでいきます。

このとき(B)が巻き糸で、(A)が芯糸になります。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順3

STEP.3

芯糸(A)を、巻き糸(B)の上に「4の字」になるように重ねます。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順4

STEP.4

巻き糸(B)を、芯糸(A)に一周巻きつけて糸を引きしめます。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順5ミンサー柄ミサンガの作り方手順6

STEP.5

もう一度、巻き糸(B)を、芯糸(A)に一周巻きつけて引きしめます。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順7ミンサー柄ミサンガの作り方手順8

CHECK‼

これで結び目が1つできました。

また、(A)と(B)の位置が入れ替わりました。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順9

この状態になっていない場合は、糸をほどいてもう一度最初からやってみてください。できるまで頑張りましょう!

NEXT»

次に、(A)と(C)の2本を「横巻き結び」で編んでいきます。

このとき(C)が巻き糸で、(A)が芯糸になります。編み方は【STEP.3-5】と同じです。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順10

STEP.6

芯糸(A)を、巻き糸(C)の上に「4の字」になるように重ねます。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順11

STEP.7

巻き糸(C)を、芯糸(A)に一周巻きつけて糸を引きしめます。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順12ミンサー柄ミサンガの作り方手順13

STEP.8

もう一度、巻き糸(C)を、芯糸(A)に一周巻きつけて引きしめます。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順14ミンサー柄ミサンガの作り方手順15

CHECK‼

これで結び目が1つできました。

また、(A)と(C)の位置が入れ替わりました。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順16

STEP.9

同様に、(A)と、(D)(E)(F)(G)(H)(I)をそれぞれ「横巻き結び」で編んでいき、1段目を完成させます。

このとき(A)が芯糸になります。編み方は【STEP.6-8】と同じです。

ミンサー柄ミサンガの作り方手順17

続きは次のページです。
下の[2]をタップしてください。

コメント 感想などありましたらこちらに書いていただけると嬉しいです(>ω