市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方

MISAMISA管理人です。

このページでは、市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方を紹介します。

ミサンガを付けた手首

できあがりは、左右の色が交互に切り替わる市松模様(ブロックチェック柄)になります。

縦巻き結びと横巻結びの繰り返しで、時間がかかります。初めての人はそれぞれの編み方を練習してからの方がスムーズにいくと思います。ぜひ作ってみてくださいね(*・ω・)ノ

必要な糸の本数と長さ

  • 80㎝×6本 (1色)
  • 280㎝×1本

糸の長さは、女性が手首につけることを想定しています。

男性がつける場合、また、足首など太い部分につける場合は、必要に応じて糸を長く用意しておきましょう。

1本だけ長い糸の色は、他の糸とは別の色にしてくださいね。

↓↓大量&激安 刺繍糸ありますよ↓↓

仕上がり寸法の目安

  • 全体 ⇒ 約25㎝
  • 模様 ⇒ 12㎝
  • 端 ⇒ 各6㎝

必ずしも上記の寸法に合わせることはありませんが、あまりミサンガを作ったことがない人は、目安にしていただくとちょうど良い感じにできると思います。

製作時間の目安

  • 初めて ⇒ 4~5時間くらい
  • 慣れれば ⇒ 2時間40分くらい

ミサンガ初心者さんが初めてこれを作ろうと思ったら、4~5時間くらいかかるかもしれません。

ただ、何個も作って慣れてくれば2時間40分ほどで出来るようになります。(わたしがこのくらいなので)

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順

CHECK‼

今回作るミサンガはこれです。

1つ1つ手順を確認しながら作っていけば必ず完成しますので、根気よくがんばりましょう(>ω<)ノ

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガ
作り方手順の画像は見やすいようにヒモを使っていますが、実際に作るときは刺繍糸を使ってくださいね。ただ、練習でヒモを使うのはおすすめですよ。

STEP.1

糸を束ねて、端から10cmくらいのところでひと結びします。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順1

STEP.2

左端に1本だけ長い糸(A)を持ってきて、画像のように並べます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順2

CHECK‼

最初に、(A)と(B)の2本を「縦巻き結び」で編んでいきます。

このとき(A)が巻き糸で、(B)が芯糸になります。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順3

最初は巻き糸と芯糸がどれになるのかややこしく感じると思いますが、「その結び目に出したい色」の糸の上に、「そうでない色」の糸を重ねる、と覚えましょう。

ここでは黄色を出したいので、赤を上に重ねます。

STEP.3

芯糸(B)を、巻き糸(A)の上に「逆4の字」になるように重ねます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順4

STEP.4

巻き糸(A)を、芯糸(B)に一周巻きつけて引きしめます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順5市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順6

STEP.5

もう一度、同じように巻き糸(A)を、芯糸(B)に巻きつけて引きしめます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順7市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順8

CHECK‼

これで結び目が1つできました。

また、(A)と(B)の位置が入れ替わりました。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順9

この状態になっていない場合は、糸をほどいてもう一度最初からやってみてください。できるまで頑張りましょう!

NEXT»

次に、(A)と(C)の2本を「縦巻き結び」で編んでいきます。

このとき(A)が巻き糸で、(C)が芯糸になります。編み方は【STEP.3-5】と同じです。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順10

STEP.6

芯糸(C)を、巻き糸(A)の上に「逆4の字」になるように重ねます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順11

STEP.7

巻き糸(A)を、芯糸(C)に一周巻きつけて引きしめます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順12市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順13

STEP.8

もう一度、同じように巻き糸(A)を、芯糸(C)に巻きつけて引きしめます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順14市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順15

CHECK‼

これで結び目が1つできました。

また、(A)と(C)の位置が入れ替わりました。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順16

NEXT»

次に、(A)と(D)の2本を「縦巻き結び」で編んでいきます。

このとき(A)が巻き糸で、(D)が芯糸になります。編み方は【STEP.6-8】と同じです。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順17

STEP.9

芯糸(D)を、巻き糸(A)の上に「逆4の字」になるように重ねます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順18

STEP.10

巻き糸(A)を、芯糸(D)に一周巻きつけて引きしめます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順19市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順20

STEP.11

もう一度、同じように巻き糸(A)を、芯糸(D)に巻きつけて引きしめます。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順21市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順22

CHECK‼

これで結び目が1つできました。

また、(A)と(D)の位置が入れ替わりました。

市松模様(ブロックチェック柄)ミサンガの作り方手順23

続きは次のページです。
下の[2]をタップしてください。

コメント 感想などありましたらこちらに書いていただけると嬉しいです(>ω

  1. 匿名 より:

    パナマの国旗をミサンガで作りたいのですが、市松模様ミサンガの作り方でできますか?

    • 管理者 より:

      パナマの国旗を見てみると、3色ですので、同じやり方ではできませんね…。

  2. にんじん より:

    縁をつけるにはどうしたらいいのですか?

    • 管理者 より:

      にんじんさん

      えっと、両端に1本ずつフチ用の糸を増やして、フチはフチの色が表にくるように編めばできそうですね~^^

      またこちらでも作る機会がありましたら紹介したいと思います。

    • にんじん より:

      ありがとうございました!!

      縁ありのをやってくれるの期待してます!!

  3. BASTET より:

    男性と女性の足首に合う長さ、教えていただいたら幸いです

    • 管理者 より:

      BASTETさん

      手首に合う長さは、人それぞれ異なります^^

      手首周りの長さを測っていただき、その長さにプラス20cmほどでしょうか。(両端を三つ編みする場合)

  4. RONRON より:

    文化祭でこれを作る予定なのですが、終わりと始まりの三つ編みの仕方がわかりません。
    もしよければリンクなどを貼っていただけませんか?
    それとも最初から最後まで市松模様でも大丈夫ですか?
    いつもわかりやすくて助かってます!返信よろしくお願いします!

    • 管理者 より:

      終わりと始まりの三つ編みのやり方を、具体的に説明している記事はありませんが…

      編み始めは、糸の先端を15cmくらい残して、ひと結びします。そして模様を編み終わったら、両端を三つ編みするのが良いかと。

      三つ編み自体のやり方がわからないということでしたら「三つ編みの作り方」で説明していますのでご覧ください。

    • RONRON より:

      ありがとうございました!!!!!!!!

  5. れもん より:

    3色でギンガムチェックみたいにしたいのですが、どうやればいいですか?

    • 管理者 より:

      れもんさん

      なるほど、3色のギンガムチェックですか。

      ちなみにこの市松模様は作れますか?